Uncategorized

17インチノートパソコンだったらCore i7!おすすめBTOパソコンを紹介

17インチのノートパソコンを買うのならCore i7モデルがおすすめです!

ノートパソコンはCPUの交換がかなり難しいため、購入時にCore i7のハイスペックのものを選ぶことで長い期間使用できます。

Core i7搭載のオススメ17インチBTOノートパソコン

ますはCore i7搭載のオススメBTOパソコンを紹介します。

ドスパラ 【ガレリア GCR2070RNF】

  • 画面:17.3型
  • CPU:インテル Core i7-9750H (2.60-4.50GHz/6コア/12スレッド)
  • グラフィックボード:NVIDIA GeForce RTX2070 8GB + インテル UHDグラフィックス630(Optimus対応/HDMI x1, miniDP x1)
  • 電源:ACアダプター (280W)
  • メモリ:32GB DDR4 SO-DIMM (PC4-21300/16GBx2/2チャネル)《無料アップグレード中》
  • SSD:1TB NVMe SSD (M.2 2280, 読込速度 3200MB/s, 書込速度 3000MB/s)《無料アップグレード中》

大人気ドスパラのガレリアNVIDIA GeForce RTX2070搭載モデルです。

価格だけあって、大画面+納得のハイスペックで何でもこなせるパーフェクトな一台です。

マウスコンピュータ【W890XN-M2SH2-KK-B】

  • 画面:17.3型
  • CPU:Core i7-9750H
  • メインメモリ:16GB
  • GPU:GeForce GTX1650+ インテル UHDグラフィックス630
  • GPUメモリ:4GB
  • SSD:256GB
  • HHD:1TB
  • 光学ドライブ:なし(カスタマイズの場合は外付)

国内生産で人気のマウスコンピュータ。

そのなかでも価格.com 限定モデルという変わり種のW890XN-M2SH2-KK-B

もちろんカスタマイズ可能で、初心者からクリエイターまで幅広く対応できます。

修理体制も整っていて安心。

Dell 【G7 17】

  • 画面:17.3型
  • CPU:Core i7-9750H
  • メインメモリ:16GB
  • GPU:NVIDIA GTX 1660Ti
  • GPUメモリ:6GB
  • SSD:256GB
  • HDD:1TB   
  • 光学ドライブ:なし(カスタマイズの場合は外付)

GTX1660ti搭載ということで、値段的にもスペック的にも3機種の中では一番バランス型のG7 17

ほとんどの人に間違いないこの機種を、初めての一台にいかがでしょうか。

Core i7のおすすめポイント

  • 動画・画像の編集がしたい
  • 一度買ったものは長く使いたい
  • せっかくだからPCでゲームもしてみたい

このような方はぜひCore i7を選びましょう!

17インチではモバイル版ではかなり性能の高いi7を選びやすい

17インチではモバイル版のなかでは高性能を選びやすい特徴があります。

キーボードの下には

  • マザーボード
  • CPU
  • 冷却ファン
  • メモリスロット
  • 無線カード
  • HDD
  • SSD
  • 光学ドライブ

などのパーツが折り重なっています。

そのため狭いスペースにすべてを詰め込むノートパソコンは熱を持ちやすく、まれに熱暴走や、熱による不具合を防ぐためのソフト側での性能ダウンが行われてしまいます。

つまり小型のノートパソコンではせっかくハイスペックを詰め込んでも、その性能を活かしきれない可能性があるのです。

たとえばMacbookPro15インチの2018年モデルは性能の割に、排熱性能が悪いせいでそのスペックを活かしきれない弱点がありました。

せっかく高いお金をだすのですから、しっかりスペック通りの快適性を手に入れたいですよね。

その点17インチの場合はちょっと事情が違います。

17インチのノートパソコンはそもそも箱が大きいため、単純に熱を持ちにくいのです。

また17インチは持ち運び用に選択する人は少なく、ほとんどが置きっぱなし使いという特徴があります。

そのためメーカーも側も持ち運びやすさや軽さを捨て、かなり排熱にこだわった機種を用意しやすいのです。

性能の高いCPUは長く使える

性能の高いCPUは長く使えます。

私ごとですが自宅には、パソコンが7台あります。

メインパソコンは2013年はじめに購入したcore i7搭載のノートパソコンです。

7年も前のパソコンなのでバッテリーはダメ(使用中はコンセント差込必須)になりましたが動きは変わらずサクサクです。

子どもにはもう少し新しいCore i5搭載のパソコンを持たせていますが、息子いわく「音楽のインポートにはお父さんのパソコンの方がすごく速い」ということで私のパソコンを使っています。

速さだけではなく、不具合を生じたこともなく動画作成やDVD焼付などの動作も安定していてかなり快適です。

自身の経験からパソコン購入のことで、相談を受ける際にはまずcore i7搭載機を奨めています。

軽いゲームだとグラボ非搭載でも遊べる

グラボとは、グラフィックボードのことで高画質の映像やゲームを楽しむために必要です。

【パソコン初心者の基礎知識】パソコンの用語+用途別スペックの選び方を解説

ではグラボが無ければゲームができないかと言うと、そんなことはありません!

Intel core i7には、GPUが内蔵されているので映像は出力されます。

スマホのCPUにも同じくGPUが付いているようなものですね。

17インチの5つのメリット

17インチのメリットは5つです。

  • 写真や文字が大きく読みやすい
  • 画面を分割して作業できるので効率が上がる
  • ゲームや動画などのコンテンツに迫力が増す
  • フルキーボードとなり快適な操作になりやすい
  • クリエイター向けのソフトも操作しやすい

写真や文字が大きく読みやすい

フルHD画質でも文字や写真が大きいので目が疲れません。

私も以前は11インチMacbookAirを使用していたのでその差はよくわかります。

表示される文字の小ささに目が疲れてしまうので、家ではなるべくモニタに繋いで仕事をしていました。

そもそも大きく表示される17インチノートパソコンであれば、いらぬストレスを目にかけることがありません

画面を分割して作業できるので効率が上がる

17型モニターのサイズは、横35cm × 縦26cm

ワイドモニターなら、横38cm ×縦 21cmです。

ネット検索や動画を見ながら、書類を作成したり違うソフトを開きながら、コピー&ペースト。

株や為替のチャートを並べて表示。

ソフトごとに、画面を開きなおして使用するのは面倒ですよね。

17型の大きさがあれば分割して使っても、余裕の表示ができ作業効率も上がります!

ゲームや動画などのコンテンツに迫力が増す

前述したように17型ノートパソコンは高性能パーツが組み合わされています。

  • GPU搭載で臨場感ある映像表示
  • core i7搭載の処理速度によるストレスのないゲーム操作
  • 抜群の音量効果実現のスピーカーとサウンドカード
  • 動画加工や焼付も快適稼働
  • 高性能冷却ファンの働きで長時間の使用もOK

これらを求めているユーザーのために作られていると言っても過言ではありません。

フルキーボードとなり快適な操作になりやすい

小型パソコンのキーボードは小さく狭く配置も密集している特殊なキー配置なものも多く、男性は2キー同時押しの経験もあることでしょう。

17型パソコンは、画面が大きいだけでなく当然、キーボードも広い。

ファンクションキーの使用も切り替える必要がなく

テンキー配置も独立しており入力ミスを起こしにくく、操作しやすくなっています。

クリエイター向けのソフトも操作しやすい

一般ユーザーが使うソフトと言えばWordやExcel、パワーポイントなどのMicrosoftのOfficeパックですね。

では、クリエイターは、どんなソフトを使うのでしょう。

グラフィックで有名なソフトは

  • Adobe社のIllustrator
  • 動画編集のPremiere Pro
  • 写真加工のPhotoshop
  • ポスター制作に良く使用されるInDesign
  • アプリ製作のSketch
  • プログラミングのJavaScript

どれをとってもソフトの中にたくさんの情報を表示させる必要があり、画面が大きいと作業スペースがきちんと確保されるので作業がはかどります。

17インチのデメリット3つ

17インチのデメリットは3つ。

  • ボディが大きく重たいので持ち運びが難しい
  • 高価になりやすい
  • 選べる製品が少ない

ボディが大きく重たいので持ち運びが難しい

仕事や大学に持ち歩くパソコンに適している14型サイズは、重さ1.5kg以内と軽量化しています。

書類ケースや、トートバッグにノート感覚で入れることができます。

対して17型のパソコンは光学ドライブが内蔵されていない機種でも2.5kgはあります。

重さはもちろん、入れるケースも横40cmは必要で大荷物になってしまい、持ち運びには適していません。

高価になりやすい

  • インターネットを閲覧
  • 書類を作成
  • メールを送る

など、一般ユーザーと違い

  • オンラインゲームをする
  • 映像加工する
  • コーディングをする

と言った目的を持ったユーザーが17型パソコンを選択するため、必然的に高性能のパーツが多く使われて高額になります。

core i7搭載機種で、15万円以下のものは無いに等しいでしょう。

選べる製品が少ない

一家に1台パソコン時代になり、そのほとんどがノートパソコン使用です。

サイズは15.6型が主流。

そのため各メーカーもニーズに合わせ、15.6型を開発販売します。

量販店の陳列棚に、17型パソコンが並ぶのは稀な状態です。

出回る機種が少なく比較対象となる同規格のパソコンを捜すのは難しいのです。

-Uncategorized

Copyright© BTOパソコンドットプロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.