Uncategorized

自作PCを予算5万円で組むプランを説明付きで紹介!【2020年】

自作PCを5万円で組むプランを紹介します。

イマドキのゲームでも画質を落とせば60fpsで動かせるくらいのスペックに仕上がっていておすすめです!

ちなみに3万円を切るプランはこちら

自作PCを予算3万円で組む具体的なプラン3つ【2020年版】|Intel版とAMD版

自作PC予算10万円プラン3つ【2020年版】|ゲーム・動画編集・普段使い

自作ゲーミングPCを予算15万円で組むプランを紹介!【2020年】

注意事項:これらの予算には

  • OS(Windows)
  • モニター
  • キーボードやマウスなどの周辺機器

は含まれていませんので、「乗り出し価格」としてはもう少し上がります。

またパーツの値段は2020/1/13現在のもので、あなたが見ているときには上下している可能性があります。

自作PCを予算5万円で組む超コスパプラン【2020年】

まずは自作PCを予算5万PCのパーツ一覧をスバリ紹介します。

パーツ種別 パーツ名 参考価格
CPU Core i3-9100F 9,414円
CPUファン 付属 0
マザーボード ASUS INTEL H310 6,545円
SSD Samsung SSD 500GB 860EVO 8,071円
HDD なし 0
メモリ CORSAIR DDR4-2666MHz 8GB×2枚キット 7,648円
グラフィックボード 玄人志向 NVIDIA GeForce GTX 1050Ti 12,332円
電源ユニット 玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS 400W 2,975円
PCケース Thermaltake Versa H18 3,144円
ケースファン なし(ケース付属のみ) 0
合計 50,129円

この構成のキモはCore i3-9100F + GTX1050tiという組み合わせ。

「お互いに足を引っ張り合わない」絶妙なバランスでゲーム性能を維持しつつ、5万円という価格を実現しています。

CPU:Core i3-9100F

選択したCPUはCore i3-9100Fです。

1万円以下という低価格ながら4コア4スレッドという性能により、普段のネットサーフィンや資料作成ではまず不自由を感じることはないでしょう。

Core i3-9100Fは内蔵GPUが非搭載なばかりに低価格なわけですが、ゲーム用途には別途グラボが必要なのでそもそも必要ありません。

マザーボード:ASUS INTEL H310

第8,9世代のCPUに対応したマザーボードです。

もともとは第8世代用のマザーボードだったため、第9世代のCPUを取り付ける際はBIOSアップデートをしなくてはならない時期もありました。

しかし2020年1月13日現在、すでにアップデート済みの商品が発送されるようであまりここは気にせず注文できますね。

SSD:Samsung SSD 500GB 860EVO

この価格帯ですが、しっかりSSDをチョイスしていきます。

ひたすら大容量を求めるのであればHDD+Optaneという選択肢もあったのですが、万人受けを考慮してSamsungのSSDへ。

500GBなので何でもかんでも保存する、という使い方は難しいですが必要十分。

グラフィックボード:玄人志向 NVIDIA GeForce GTX 1050Ti


GTX1050tiで有名所のゲームがどれくらい動くのかを検証した動画です。

もちろんグラフィックなど多少は落としている感じがありますが、これだけ60fpsをキープできていれば十分ではないでしょうか。

またこの検証に使われたパソコンの構成は

  • CPU: i7 8700
  • GPU: Asus Cerberus GTX 1050 Ti
  • メモリ: 16Gb DDR4 3000mhz
  • SDD: 250GB Samsung Evo 850

なので「CPUがぜんぜん違うじゃないか」という方もいるかもしれません。

しかしゲームにおいて、CPUはGPUの足を引っ張りさえしなければ大丈夫

RTX2070Superなどハイレンジグラフィックボードならいざしらず、今回GTX1050tiなのでCore i3がボトルネックになることはありません

ちなみにCPU以外は同等の構成なので、ほぼこの動画くらいのクオリティで遊べるのではないでしょうか。

ケース:Thermaltake Versa H18

 

私がこのThermaltake Versa H18のケースを選んだ理由は

  • 外見が好み
  • 安い

という2つの理由からです。

しかしこのケースは、ただ安いだけではありません。

画像を見ていただければ分かる通り、電源ユニットが下にくる構成なのです。

電源ユニットが下にくるメリットは

  • 重心が下がって安定性が増す
  • 熱は上にあがるので電源ユニットが熱を持ちにくい

ということで、最近はドスパラのゲーミングPCなどでも採用されています。

自作PCを予算5万円で組むプランを説明付きで紹介!【2020年】まとめ

  • Core i3 + Geforce GTX1050ti という本格ゲーミング最小構成
  • もちろん会社の資料作成、大学のレポート作成もサクサク
  • すべてのパーツAmazonから購入可能

が5万円で可能!!という紹介でした。

注意点を上げるとするなら、CPUの性能が高くはないため動画編集などのクリエイティブ系の作業はキツめだということです。

クリエイティブなことも視野に入れているならi5-8400以上にしたほうが永く使い続けられるでしょう。

とはいえ「いきなり高価なゲーミングPCを購入したけど、結局Twitterにしか使っていない」という事態が記事なる人は多いと思います。

とりあえず5万円で組んでみて、「高価なものを買っても十分に活用できそう」というのが見えてくるのか検証してもいいかもしれませんよ。

-Uncategorized

Copyright© BTOパソコンドットプロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.