https://item-shopping.c.yimg.jp/i/l/alpaca-pc_omakase-n7

Uncategorized

マイクラが満足にできる安いPCの値段は中古で4万円から!購入のポイントを紹介

マイクラができる安いPCをお探しの方、まず4万円用意しましょう。

4万円では中古になるので見た目やキーボードはかなり時代を感じる作りですが、中身はきちんと使えるものになっています。

影Modなどを入れなければ十分使えます。

「やっぱり新品がいいな」「Mod入れたい」という方に向けても、少々お高くなりますがオススメパソコンを紹介しているので最後まで見ていってください!

マイクラができる安いPCを手に入れる方法の概要

まずは私がテストして十分動いたパソコンの取得方法、注意したポイントなどを紹介します。

購入したのはこちらのサイト。

マインクラフトの最小スペックと推奨スペック

まずはマインクラフトの最小スペックと推奨スペックを整理しましょう。

公式サイトに最新の情報が載っているはずです(上記表は2019/12/24現在)。

マインクラフトを快適にプレイしようと思えば、

  • CPUはモバイルCore i7第二世代以上
  • メモリは8GB以上
  • グラボは最悪なくてもいい(内蔵GPUで大丈夫)

ということになりますね。

4万円マイクラ用PC実機

そこで私がこちら購入した、マイクラができる安いPCの実機がこちらになります。

うーん、定価¥33,999ということでさすがにごついビジュアルですね笑

なおどんなPCを来るのかは来てみるまでわかりません。

この不確実さが安さの秘訣だったりするわけですね。

つまり私よりも今風で薄型だったりハイスペックなものが来る可能性もありますし、逆もまたしかりです。

このPCに限っていうなら見た目のゴツさ以外にも、キーワードのテカリ画面の解像度の低さが少々気になる人は気になるかもなあという印象。

あとファンクション・キーの位置がTHE・タッチタイピング殺し

しかしコイツの本領はその性能です。

  • CPU:Core i7(2630QM)
  • メモリ:8GB

とSurface Goなんか目じゃない性能で、普段遣いにはまったく問題ありません。

CPUについてはこちらを見ていただけるわかりやすいのですが、Core i7-7500Uという2017年よく使われていたCore i7よりもハイスペックです。

そしてオプション無しではメモリ4GBなのですが、+7000円を払って8GBにすることでCPUの性能を十分発揮できるようにしました。

つまり推奨スペックはクリアです。

このときの値段は実に41,000円、圧倒的に安い!!

私の場合ここからSSDの容量も512GBに増やしたので+3000円でしたが、ここは予算の都合で削っても大丈夫なところです。

マイクラ用格安中古パソコン購入したショップと、商品の選び方

さきほどから何回か出ていますが、購入したのはアルパカPCさんの「中古パソコン Windows10 Corei7 新品SSD256GB おまかせノートPC 15.6型ワイド ノートパソコン メモリ4GB DVDROM 無線LAN Kingsoft WPS Office付き」です。

この商品を選んだポイントは、

  • Core i7第二世代以上確約
  • 新品SSD256GB
  • メモリ増設可能
  • ノートPC15.6型
  • 無線LAN対応

です。逆にいうならこれらの条件を満たすなら別にこの商品でなくても構いません。

Core i7第二世代以上確約

「Core i7第二世代以上」という点が重要です。

このテの商品は第二世代以上と言ったら大体第二世代ですし、第三世代以上といえば第三世代が来ると思ったほうが間違いないです。

「Core i7」というフレーズにつられてうっかり「第一世代」のCore i7を掴まされないようにしましょう

値段は上がりますが、第三世代以上であればなお安心ですね。

新品SSD256GB

ここでは

  • SSD
  • 新品
  • 256GB

すべてが重要です。

SSDは最重要

SSDはであることは絶対に外せません。

この年代のPCはSSDでなければ起動に数十秒とかザラにかかってしまうので、

  • ハードディスク
  • HDD

などの文言があればそっと避けましょう。

「新品」であることも結構重要

黎明期のSSDは耐久性に難がある、と言われていました。

最近のSSDはまったく問題無いことがほぼほぼなので今は気にすることはありません。

つまり、「新品SSD」を選ぶことによって故障のリスクを避けられるのです。

256GBも捨てがたい

もしあなたが購入するパソコンをマインクラフトのためだけに使おうというのであれば、128GBでも問題ありません。

しかし「やっぱりゲーム以外でもレポートとかパワポ制作にも使いたいよな」という方が大半でしょう。

普段遣いにも対応させようと思うと256GBは必要です。

256GBでも音楽や写真、動画は外付けハードディスクに保存する必要が出てくる可能性がある、そういう容量です。

なお私は+3000円で容量を増やしたので、予算に余裕がある方はおすすめです。

メモリ増設可能

普段遣いなら4GBでもギリギリいけます。

GoogleChromeでタブを何十個と開いてYouTube聞きながらオフィスソフト開きまくり、とすれば落ちることもあるかもしれませんが、レポートやパワポ制作くらいなら問題ないでしょう。

しかしマインクラフトを快適にプレイしようと思うとやはり8GBは必須と言えるでしょう。

やっぱり皆さん配信とかしたいでしょ?

そこまで行かなくてもスカイプで連絡取りあいながらプレイしたりはすると思います。

8GBならそういったプレイも対応可能。

実際私もこの端末でスカイプしながらマインクラフトができています。

ノートPC15.6型

ノートPCは拡張性が少ないというデメリットがあります。

しかしその反面

  • モニター
  • キーワード
  • マウス

別途買う必要がない、という強力なメリットがあります。

しかも15.6インチならまあとりあえずは問題ないでしょう。

もちろんモニターもキーボードもマウスもあったほうがいろいろとはかどるのは間違いないですが、乗り出し価格が4万円というのは魅力的ですよね!

無線LAN対応

無線LANが内蔵されていないとLANケーブルを使うか、USBに差し込むタイプの無線LANアダプタを買う羽目になります。

予算が少し膨れるので、はじめから無線LANに対応したモデルを選びましょう。

マインクラフト用格安ノートPCを快適に使う方法

単純な方法ですが、

  • モニター
  • キーワード
  • マウス
  • モニター台

を購入して、画像のようにノートPCそのものを隠してしまう方法です。

パット見はデスクトップパソコンっぽく見えるでしょ?

モニター・キーワード・マウスを外付けすることによって、もともとのノートパソコンの

  • モニターの解像度
  • キーボードの使い勝手やテカリ
  • トラックパッドの使い勝手

が気にならなくなります。

本体は中古でもモニターやマウス、キーボードを新品にすることによって中古らしさがなくなるのです。

マウス、キーボードは新品でもまだ安く手に入るので、順次買い揃えていってもいいかもしれませんね。

やっぱり中古は嫌だ!という方にはBTOパソコンがオススメ

それでも

  • 中古はやっぱり気になる
  • Modを入れたいのでもっとハイスペックなパソコンがほしい
  • 将来的にはもっとハイグラフィックなゲームもしたい
  • どんどんパソコンの中身を自分で刷新していきたい

という方にこの方法はあまりおすすめできません。

しかしBTOパソコンを購入することで、あなたにピッタリのパソコンが安く手に入る可能性があります。

BTOメーカー各社の比較記事をまとめましたので、詳細はこちらでどうぞ。

~~~メンテナンス中~~~

-Uncategorized

Copyright© BTOパソコンドットプロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.